SEHNSUCHT

拒絶

2020年1月12日

冬ののちに春が来る
雪解けは小川の蝶と別れる眩い陽射しの大海を手招く
夏になり秋が過ぎるそうしてまた冬を廻る
そんなことは知っている。
さも識らぬだろう子供へ諭すように語るな。
そんなことは知っているのだ。無駄に抱えきれぬ程の自我に潰れる
上っ面の慰めが救いになどなるものか。

コメント

コメントはまだありません。

現在、コメントは受け付けていません。