SEHNSUCHT

2019年9月19日

それは一面を覆う最期の色。反射する熱。
光。仰いでは見下ろす。風は凪。
鼓動は母。何処までも続く。
冷ややかで温かな胎動。もうすぐ。
そこまで。空と海に挟まれて。
枝を咥えた鳥が還る。

コメント

コメントはまだありません。

現在、コメントは受け付けていません。